レトルト×クレヨンしんちゃん

ゲーム実況をしているレトルトさんが2022年4月にクレヨンしんちゃんとコラボした時の受注生産のフィギュアが、世界情勢的な理由もあって先日ようやく届きました。可愛い。あーりんロボ(2015)やしおりんの縫いぐるみ(2013)と同じくらいのサイズ感です。

アクリルスタンドは去年7月には届いていたので、こちらは2022年2月に牛沢さんと『ヘビの命』がコラボした時のフィギュアと一緒に並べています。

この牛沢さんプロデュースのグッズもかなりお気に入りです。

もう再会なんて節操ない

できるなら涙乾くくらい時間を取るべきだった

渋谷区東2-26



SONY DSC-RX100M6, ISO 3200, 34 mm, f/3.5, 1/5 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 1600, 24 mm, f/2.8, 1/5 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 2000, 54 mm, f/4, 1/8 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 1600, 24 mm, f/2.8, 1/4 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 2000, 24 mm, f/2.8, 1/4 s

渋谷区代官山1−8



SONY DSC-RX100M6, ISO 2500, 32 mm, f/3.5, 1/5 s

渋谷区桜丘町4





SONY DSC-RX100M6, ISO 1600, 24 mm, f/2.8, 1/5 s




SONY DSC-RX100M6, ISO 1600, 37 mm, f/3.5, 1/5 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 1600, 24 mm, f/2.8, 1/8 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 3200, 47 mm, f/f, 1/8 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 1600, 24 mm, f/2.8, 1/8 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 1600, 24 mm, f/2.8, 1/8 s




SONY DSC-RX100M6, ISO 3200, 24 mm, f/2.8, 1/15 s





SONY DSC-RX100M6, ISO 3200, 24 mm, f/2.8, 1/13 s




SONY DSC-RX100M6, ISO 3200, 24 mm, f/2.8, 1/10 s



SONY DSC-RX100M6, ISO 2500, 24 mm, f/2.8, 1/4 s


© 2022 Sony Music Entertainment, 乃木坂46

乃木坂46『アトノマツリ』“self-making” MUSIC VIDEOが撮影された四反道跨線人道橋、北川悠理さんの公式ブログ(2022.12.10)に掲載されているオフショットが撮影された地点(代官山1丁目付近)、青山製図専門学校3号館前の路上、豆腐料理空野渋谷店前の路上、セブンイレブン渋谷桜丘東店付近にて、SONY DSC-RX100M6で撮影。同じような画を何枚も撮ってしまっていますが、MVの5人が可愛すぎるので仕方が無い。

余談

四反道跨線人道橋は老朽化による架け替え工事により、やがて消滅する聖地です。
四反道跨線人道橋(したんどうこせんじんどうきょう)について | 渋谷区公式サイト

あなたの心の片隅に残りますように

新しい夢は古い夢と
引き換えにして

東京都渋谷区桜丘町16



SONY DSC-RX100M6, ISO 800, 24 mm, f/2.8, 1/13 s


© 2022 Sony Music Entertainment, Seed & Flower LLC, 櫻坂46

櫻坂46『その日まで』のMV撮影地のうちのひとつ、東京都渋谷区の「さくら通り」にて、SONY DSC-RX100M6で撮影。このシーン自体が欅坂46『サイレントマジョリティー』のセルフオマージュであり、同曲のロケ地巡りとして3年前に一度訪れています。

昨日と同じ景色はもううんざりだ

だからその道が荊だと知りつつも裸足で歩いて自由を見つけてみたくなった

東京都渋谷区渋谷2 東京メトロ銀座線渋谷駅2番線



SONY DSC-RX100M6, ISO 400, 32 mm, f/3.5, 1/40 s

同・1番線






SONY DSC-RX100M6, ISO 160, 24 mm, f/2.8, 1/30 s


© 2022 Sony Music Entertainment, 乃木坂46

乃木坂46『ここにはないもの』のMVが撮影された渋谷駅にて、SONY DSC-RX100M6で撮影。可能な限り無人状態を再現する為、始発前に車で渋谷へ行っておき、シャッターが開くのを待ってホームへ向かいました。