読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活雑記

就職活動がほぼ終わったので、自分なりの所感です。チラシの裏。これから就活をする誰かの為に役立つような記事ではありません。

就活は純粋なマッチング作業である

就活とは、第一義的には「企業が求める学生」と「学生が求める企業」が最良の組み合わせを模索する為だけの純粋なマッチング作業です。作業なんだから、運や効率が良い人は早く終わります。なかなか終わらない人は根気よくやるしか無いし、逆に根気よくやっていれば必ず自分の能力に見合った、自分を活かせる企業に出会えるということです。

他の就活生を見ていて、この最も基本的な部分を勘違いしてしまっている人が多いな、と感じました。

恋愛に喩えてみる

つまり就活とは「企業が学生を選ぶこと」ではなくて、企業と学生が「お互いに選ぶこと」です。最近流行の「婚活」に似ていると思います。または、学生たちの恋愛の様子に似ています。もちろん、男より女の方がモテるので(通例ですので例外多数)、女の方に多少のイニシアチブがあります。

就職活動をしている学生は「○○ちゃん(=企業)がちょっと気になる現在フリーの男」という感じです。○○ちゃんに群がる男は他にもたくさんいますから、そこには競争が発生しています。本気で○○ちゃんを彼女にする(=内定を貰う)には、その「他の男たち」の中から勝ち残る必要があります。ただし、○○ちゃんは多少気になっている程度なので、本気でアタックをかける前に、他の□□ちゃんや△△ちゃんに気移りするかも知れません。そんな感じです。

企業は「特定の好きな人がいるわけではないけど今年中に彼氏が欲しい(=新卒採用をする)現在フリーの女」という感じです。モテる女子(=大企業)にはイケメン(=そこそこ能力のある学生)がたくさん言い寄ってきますし、そんなにモテない女子に言い寄って来る男はそこまで多くはありません(=倍率が低い)。当然、彼氏にする男は誰でも良いというわけはなく、「ワタシの理想のタイプ(=求める人材)は○○な人!」というのがあります。そして、それをみんなに教えてくれます(=企業説明会)。それにマッチしている男(正確にはマッチしていることを上手にアピールできた男)が自然に選ばれて、彼氏になります。そんな感じです。

だいぶ無理矢理ですが、恋愛に喩えるとそんなイメージです。

就活は「攻略本が必要なゲーム」「100点評価の試験」ではない

世の中には、いろいろな就職活動対策本、webサイト、講座などがあるようです。

  • エントリーシートにはこんなことを書け
  • 履歴書にはこんなことを書け
  • 面接ではこんなふうに部屋に入れ
  • こうやって挨拶をして座席に着け
  • 面接官にはこんなことを言うと良い

という様なことが書いてあるんだそうですが、自分は一切利用したことがありません。部屋への入り方とか挨拶の仕方とか、そんなことに拘ることが就職活動ではないからです。もちろん全く気にしなくて良いというわけではありません。自分の結論としては、「企業の人に失礼なヤツだという印象さえ与えなければ自然体でOk」です。

恋愛の例に戻ります。こうした就職活動対策は、所詮は本屋に売っている「女にモテる為の方法」でしかないということです。

  • ラブレターにはこんなことを書け
  • 誕生日にはこんなものを買え
  • こういう服装をして髪型を整えろ
  • こういう話題で盛り上げろ

こんな程度の話なんです。ゲームの「攻略本」ではありません(ゲームは攻略本通り進めれば必ずクリアできる)。女の子たちは確かに彼氏募集中ではありますが、上記の方法を全部試せば必ず彼女に出来るかというと、そういうわけではありませんよね。ましてや、この「女にモテる為の方法」を基準に男に100点評価で点数を付けて、点数が高ければ必ず彼氏にする、なんてこともありません。

企業を「攻略」しに行っているだけの学生、就活を「試験」だと思ってしまっている学生というのは、つまり「女にモテる為の方法」を通り一遍にこなせれば必ず彼女が作れると勘違いしている男と変わらないということです。