読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客

らーめんと餃子を頼む。
らーめんが先に出てきたので食ってたのだが、餃子がなかなか来ない。
自分も注文したことを忘れていた。

少しすると店員さんが飛んできて
「ごめんなさい!餃子焦がしちゃいました…!!
 これから作り直すので少々お待ちいただけますか?」
と言われる。全然構いませんよ、と俺。
で、結局1個サービスで出て来た。

こういう時って、素直に得したぜと思う。
寧ろ最初の餃子を焦がしてくれてありがとうくらいの気持ちになっている。

別のラーメン屋の話。チラシ見てきましたと言えば小皿料理が1枚無料になるらしい。
ヴィオラの鈴木氏、白髪ネギ(150円)とメンマ(100円)を頼み「チラシ見ました」。
どっちを無料にしますか?と店員。
そんなもん、高い方を無料にするに決まってるだろうに。下手な接客だなと思った。

どうせ客だってバカじゃないんだから高い方を無料にする。
結果は同じなのだから、最初から
「じゃあ高い150円の方を無料にしときますねww」
とでも言えばよいのに。

細かいことだが、要するに接客が上手いヤツ・下手なヤツってこういう配慮ができるかどうかだよ。