読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何日分か

ちょっとメモしておこう。

結構前

なぜか俺と彼女が全裸で街を歩いてる。つまり露出狂になってる。
場所は生田校舎から踏切までの道の途中。
それで誰かがやってくるので隠れるんだが、変な病院みたいなところ(デカめ)に行く。
病院は既に診療時間を終えていて真っ暗。
警備員に見付かる。彼女は保護されるが、俺は発砲される。被弾して、なぜか口から大量の血を吐く。
でもこれは血ではなくて赤ワイン。飲み過ぎて吐いたわー、とか言ってる。

ここで目が覚めた。

先日

高校みたいなところの教室(何故か電気が消えてて薄暗い)
クラスには俺がいままで人生で知り合った人が時代も年齢もバラバラに在籍している。
主にフィルなんだけど、篠田麻里子と大島優子もいる。

最初みんなの前(教卓)で俺がなんか喋ってる(内容不明)
そのあと彼女(この夢の中では「りかこ」って名前の設定)が喋り始める。たぶん広報の仕事。
みんな座ってて、俺と他数人だけ立ち歩いてる。教室が騒がしくなって、りかこの話を聞いていない。
俺が「話を聴けェ!!!」キレて叫ぶ。
教室の隅の方で、らり公が俺の鉛筆を渡してくる(俺の忘れ物)。しのとひろなも一緒にいる。
俺と長島はなんか提出物?を忘れてしまっていて、その場で先生に書かされている。

授業が始まる直前になる。
今日はAKB(各クラスに8人ずつくらいいて、学校全体で48人くらいいる設定)がイベントをする日。
みんな普通に授業を受けるんだけど、その間に衣装(玩具の兵隊みたいな)を着たAKBが授業中に学校中を巡回することになっている。
このクラスのAKBのメンバー(篠田、大島、りかこ他、計8人くらい)が準備を始める。
ベランダで衣装に着替えて、チャイムと同時に出ていく。
他のクラスメイトは座って授業準備している目の前を出ていくので、みんなの衣装が見える。
メンバーは各々違う格好をしてる(どれも赤と白とデニムを基調にした衣装、かなり可愛い)けど、りかこだけ明らかに目立っている。
フリル?が直径2メートルくらいあるスカート。
りかこが変わったやつだというのはクラス全員知っているので、
「うはwwwりかこwwwさすがwwwww」
みたいな空気になる。

俺が「りかこ早くこないかなー、こないかなー、」って言いながら授業を受けてる。
すると他のクラスのAKBのメンバー(こいつらは紫と白の衣装)がやってくる。
あんまり可愛くない。
次に大学の職員みたいなのが2人やってくる。AKBの巡回かと思ったら違って、こいつらは長々とガイダンスをやり始める。
AKBは学校中のクラスを廻っているけど、ガイダンス中のクラスは飛ばすことになっているらしい。
つまりこのガイダンスの間はアイドルが来ないので、みんな超絶不機嫌。職員もそれを察して、嫌がらせでわざとゆっくりガイダンスをする。
その間にこのクラスのAKBのメンバー(さっきの赤い衣装の子たち)がやってきて、飛ばして次のクラスに行ってしまう。

やっとガイダンスが終わる。
俺「りかこはー?ねえりかこはー?」
*「もう来ちゃったよ」
俺「ガイダンスが長かった所為でりかこを見られなかったじゃん!!」
俺、半ベソになる。

いきなり場所が変わって、ベランダみたいな謎の場所に出る(学校のどこか)。
かなり老朽化が進んでいて、一部壊れかけている。
俺、おじゅん、知らない女の子の3人がいる。
俺とおじゅん、ここがかなり危険な場所だと言い始める(理由不明)
女の子はアスレチックみたいにベランダ(でも屋根があって、謎めいた場所)をぐるぐる廻って(そういう構造になっている)はしゃぐ。
足場にどんどん亀裂が入っていって、いまにも壊れそう。
俺必死に女の子を止めるが、女の子、言うことを聞かない。
俺、女の子を力づくでかなり暴力的に止める。首を絞めて、これ以上暴れたら殺すって言う。
「殺す」っていう単語で女の子発狂して暴れ出す。同時に足場が崩れて、女の子が落ちる。俺も半分くらい落ちる。
俺とおじゅんで協力して女の子を助ける。ファイト一発みたいな姿勢。でも無理矢理女の子の手首とか服とか掴んでいるので、上半身の服が脱げてしまう。
女の子の肌が見えるんだけど、何故か体中が腫れていて、痣だらけになっている。

ここで目が覚めた。

昨日

らり城が復活する。場所は品川で、らり曰く家賃が5万円くらい。
しかし品川で家賃5万とは思えないくらいの広さで、玄関を入ると最初のフロア+奥に1部屋、続けてバルコニー(一旦出ないとダメな作り)、バルコニーの途中に洋風で高級なお城のお嬢様が住んでそうな部屋が1部屋(らり曰く「しのの部屋」で、ここだけで小ホールくらいの広さがある)、そして更に階段を降りて、もう一度屋内に入ると3部屋くらい、奥にはキッチンという造りである。
この階段は9号館の奥側の階段に似ていた。広さ的にも、9号館の屋上と7階を全てらり城にしたような感じである。
なぜこんなに安いのかと聴くと「隣がお墓だから」らしい。

いろいろ地理がおかしくなっていて、品川なのにレインボーブリッジを渡って行く。
俺はセグウェイと原付をくっつけたような、外見はマジックマウスをひっくり返したみたいな人類には早すぎる乗り物に乗っている。
あんまり馬力がなくて、レインボーブリッジの途中で推進力を失い、最初からやり直しになったりする。
(このときなぜかJKの集団に笑われる。)
そして、らり城で俺は「いやぁ、今度のらり城はウチから近くていいわー、山手線も京浜東北線も通ってるし」とか言ってる(つまり日暮里と勘違いしている)。

すごく広いので、らりがパーティを始める。田中先輩が外国人をたくさん連れてくる。フィルの団員もいて、全部で50人くらいになってる。
白人女性たちがワインを飲みながら盛り上がっている。らりと俺が英語でナンパしまくるが、全部撃沈。
さっきバルコニーの先に3部屋あったうちの1部屋はビー玉や赤い電灯で装飾した中にフィギュアなどが置いてある異常に悪趣味な部屋なのだが、なぜかこのビー玉がどんどん割れる。
怪我をする人も現れて、パーティの雰囲気が悪くなってくる。

ここで目が覚めた。