読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wikiより

ベゴニア(Begonia)とは、シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属、学名 Begonia)に属する植物の総称。

熱帯〜亜熱帯地方の原種を交配し、多くの種や品種がつくられたため、それらの性質は多様である。
共通する特徴は、葉の形が左右非対称でややゆがんだ形であること、花は雌雄別であり4枚の花びらをもつことなどである。
鑑賞のために栽培されるベゴニアの多くは多年草の草花であるが、球根性のもの、木立性のものもある。また、花を鑑賞するためのものが多いが、観葉植物とするものもある。

  • -

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

だそうです。

本当にいろいろな品種があったので、面白かった。
やたら写真を撮りました。